アメブロのバックアップを無料で取る方法


アメブロは以前から一応商用利用禁止でしたが、
さらにこのような文言が規約に追加されました。

「弊社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、

物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を

目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを

目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)」
早速、読者様から記事が削除されたという、
報告がありました。

 

以前から言われていたことですが、アメブロは
原則的に商用利用が禁止されています。

 

でも、そのユーザーの多さからアメブロは
集客に欠かせない有用なツールとして推奨
されてきました。

 

一時はアメブロに投稿するだけで、
有料の商材が売れたり、無料オファーも
成約したりしました。

 

今でこそ削除の危険があるため蘭も、ほとんど記事を
入れていませんが、それでも過去記事はインデックス
されているので、検索から来ていただくこともあります。

 

なので、急いで3つのアメブロの記事をバックアップ
しました。

 

蘭は今回、ご存知のようにワードプレスで作成した
メインサイトを不正なアクセスにより全て失ってしまいました。

 

ですので、「バックアップ」の大切さは
嫌というほど感じています。

 

もしも今あなたがアメブロをメインで 使用してなくても、
やはり大事に育てて来たなら、 せめて記事がある間に
「バックアップ」はとって 置いてください。

 

今日はまだ、アメブロのバックアップをとっていないという
あなたのために、無料で、しかも簡単に記事のバックアップを

取ることができるツールをご紹介したいと思います。

 

さらにこのツールはfc2ブログはseesaaブログ
ワードプレスにもインポートすることができるよう
テキストでもダウンロードできるところがすごいです。

 

蘭も早速先ほど、やってみました(^^)

 

ツール音痴の蘭でも「オオ!」(-^〇^-)
超~~簡単ではないか!

 

そのツールの入手先とバックアップの方法は
こちらのレポートに全て書かれています。

 



『初心者さん必見!削除に備えてAmebaブログのバックアップを取ろう!
~無料で出来るアメブロのバックアップ方法を手取り足取り図解します~』

アメブロ名物、突如削除の恐怖に備えよう!無料で使える
バックアップツールの使い方を詳しく解説します。

 

このわずか15ページのレポートは、シンプルですが、
fc2やseesaa、ワードプレスへのインポートの仕方まで
載っているからとても便利です。

 

記事を失ったワードプレスブログにアメブロ記事を
インポートするのも手かも?

 

あなたもいざという時のために備えて、
是非とも無料でバックアップをとって置いてくださいね。

 

また、「もうアメブロなんて怖くて使えない」
というあなたには、今後は、

 

●別の無料サービスの利用する

●有料でサーバーを借りてワードプレスで運営する

ということをおすすめします。

 

特にワードプレスのテンプレートはこちらで
無料でゲットすることができます。

 



 

無料ワードプレステンプレート

無料のもので満足できない場合はこちらの
TCDワードプレステンプレートがオススメです。



 

「Info Custom」(TCD006)

※アメブロテンプレートと同じ特典をお付けします。
(アフィリ報酬50%はないです。)

 

この機会に是非ともワードプレスに挑戦して
みてはいかがでしょうか。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月14日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:アメブロ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. こんにちは高山です

    アメブロはやりにくいですね。かなり以前よりもやりにくい
    ブログになりましたが、アフィリエイターさんのブログはかなり
    の確率で削除されているみたいです。

    私もアメブロ閉鎖したいと考えていますが削除されるまで使い続けます

    応援します

  2. より:

    高山さん(´∀`*)
    いつもありがとうございます。

    アメブロは本当にやりにくくなりましたね。
    特にアフィリエイトのブログは狙われてますね。

    削除されたらまた作ればいいですが、できたらバックアップを
    とっておくといいかもしれませんね。

    いつも応援ありがとうございます。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ