「風花心伝REBIRTH」がついに出ました!


お久しぶりのブログ更新です。(^-^)

 

ちょっと忙しくしておりました。

 

「アフィリエイトって、簡単に稼げるよ」っていう人もいるかもしれませんが、

あなたはどう思いますか?

 

「そんなに簡単に稼げないよ・・」そういう方もきっといらしゃることでしょう。

 

わたしもはじめから稼げたわけではありません。

 

何となく無料ブログを作って適当にaspから売れそうな商品を選んで、
中身も見ないでアフィリエイトタグを貼っていたんですね。

(ホント、今思うと恐ろしいです(^。^;)

 

それでも売れると信じて3ヶ月は頑張っていました。

 

しかし・・

 

当然のように売れることもなく、こんなことしていたって稼ぐことは
できないと、アフィリエイトを一旦やめてしまいました。

 

もしも、その頃に「アフィリエイトの基礎」っていうか、
ブログを運営する際の基本的なことや、
そこにキャッシュポイントをおくとしたらどうしたらいいのか、とか、
どうやったら不毛の地となっている自分のブログにアクセスを呼ぶことができるのか・・など。

 

今となっては「当たり前」のことをもっとしっかりと
納得できるように教えてもらっていたら、あるいはやめなかったのかも
しれません。

 

その後は、やはりアフィリエイトで成功したくて、いろんな
ノウハウを買いあさっていきました。

 

色々買いすぎた結果、どれをやっていいのか、わからなく
なってしまったこともありました。

 

しかし、基本はやはり自分の媒体である「ブログ」(サイト)を作り、
強固なものに育てていくこと。

 

これに尽きるのではないか。

 

そう思います。

 

ブログとは「日記」でもあるけれど、内容の濃い、しっかりとした
記事を投稿しつづけていくなら、立派な「不動産」となるんですよね。

 

わたしは自分のもっているブログはどれも可愛いですし、
特に手をかけたり時間をかけたものや、多くの人からコメントをいただいた記事に
関しては、何度も何度も読み返したりして、コンテンツの
充実や改善の材料にしています。

 

あなたもご自分のブログをきっと大切になさっているにちがいありません。

 

でも、もしもあなたがブログ初心者だったり、アフィリエイトを

始めたばかりだとしたら、わたしのように遠回りをしたり、
あれもこれも・・と色々なノウハウを書いああさることのないように

軸をしっかりと持って一つの教材の実践に励んでいただきたいと思います。

 

今日はそんな「ブログ初心者」さん向けのとてもステキな

教材をご紹介したいと思います。

 

それは「風花心伝Rebirth」です。

 

以前、「風花心伝」として販売されたものとはまた
違った内容になっているということですが、残念ながら
わたしはその以前の風花心伝を知りません。

 

話題になり、人気のあった商材だということだけは
知っています。(^-^)


でも、今年こうしてあらたな「風花心伝」を手にすることが
できたのですから、私としては満足しています。

 

どういう内容のものなのか、詳しくお知りになりたい方は
どうぞ蘭のレビューサイトからご覧になってくださいね。

 


風花心伝Ribirth 蘭特典とレビューのページ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ユウキ先輩 より:

    欄さん、こんばんは。
    ユウキ先輩です。

    僕も初めの頃は、
    何をやったらいいのか分からずに
    あれもこれも手を出していました。

    でも稼ぐことが出来ませんでした。

    ひとつの教材に軸を絞って、
    それをじっくりやることが
    成功への一番の近道かもしれませんね。

    (。-∀-)

    • より:

      ユウキ先輩さん^^
      いつもありがとうございます。

      >僕も初めの頃は、
      >何をやったらいいのか分からずに
      >あれもこれも手を出していました。

      ホントですか?
      みんな最初はそうなんですね。
      私もそういう時期が多かったです。

      >ひとつの教材に軸を絞って、
      >それをじっくりやることが
      >成功への一番の近道かもしれませんね。

      おっしゃるとおりですね^^
      軸を絞って実践することこそ成功への近道ですね。

      コメントありがとうございました。

      感謝です★


コメントをどうぞ

このページの先頭へ