毅然とした態度で臨むことが必要な場合


それでもメルマガは楽しい。

 

前回お伝えしたように、時として心無い
メールが来ることがあるとは言え、それでも
蘭は読者さまに向けてメールを書くのが好きです。

 

メルマガって稼ぐために書くのでしょう?

 

そう思っている方も多いと思いますが、
蘭はそれだけではありません。

 

読んでくださる方に「有益なこと」を無償で
お伝えするためでもあります。

また、励ましたり勇気づけたり元気づけたり
癒したりするためでもあります。

 

以前、蘭は宣教者の方と一緒に宣教したことが
ありました。

 

特別な訓練を受けていた時期のことです。

 

その時、訪問した1件目のおうちでいきなり、
ある宗教をやっているお宅に遭遇しました。

 

出てきたおうちの人は年配のご主人さんでした。

 

私たちが聖書の宣教者だとわかるといきなり
罵倒し始めました。

「あんたたちは邪教だ!聖書なんて作り話だ!」と。

 

普通、私たちは何を言われても愛想よく笑って
穏やかに返答しているのですが、この時の彼の
返答は違いました。

 

そのあまりの剣幕に宣教者は反論したのです。

 

「聖書のどこが作り話なんですか?調べたのですか?と。

 

するとそのご主人は口ごもり、
「そんなこと調べなくてもわかるよ」と言いました。

 

「調べてもいないのに何で作り話だといえるのですか?
もしもあなたが私を納得させることができるのなら私は
喜んであなたの宗教に入りましょう」

 

その申し出にご主人は「よし!」とやる気を
見せましたが、最終的には逃げてしまいました。

 

恐らくそのご主人さんは宣教者を納得させられる
自信がなかったのでしょう。

 

実はこのような意味のない「非難の言葉」を
浴びせられることには慣れています。

 

あのイエスでさえ、敵対視する人たちからは
誹謗・中傷は受けていました。

 

人は時として自分が気に入らないものに関して、
根拠もなく中傷したりします。

 

非難やクレームが悪いとは言いません。

 

非難すべき確かな根拠がある場合は、その
非難やクレームは正当なものとして扱われて
しかるべきです。

 

でも「根拠を提示できない」ならそれは
単なる中傷
であり、それは罪です。

 

蘭はそうした宣教者の態度から、
毅然とすることの大切さを学びました。

 

ただバカみたいに愛想よくして帰ることだけを
教えられていたのではありません。

 

反論するものにはどうやって答えるか。

 

それも学んでいたのです。

 

もちろん論争して言い勝つことが
目的ではありません。

 

話す目的・・それは「相手を得る」こと。

 

つまり共通の立場を築き、有益な話合いを
することを提案し、応じていただけるように
することが目的なのです。

 

ただ、そうするに値しない場合、こういう
助言を適用してきました。

 

「その家がふさわしくないのならあなたがたの
足のチリを払いなさい」

そういう態度の人には、
「自分の足についた汚れをを払う」ことにより
自分の心の平安を取り戻すことを勧められました。

 

今回の件で言えば、根拠のない中傷には、
蘭もこの宣教者のように強い態度で臨みましたが、
いつもこのようにしているわけではありません。

 

できるだけ穏便に済ませたいと思っていますし、
正当だと思えるクレームや注文に対しては、
きちんと謝罪も行いますし、考慮・改善させて
いただいてきました。

 

今後もそうしていくつもりですし、読者さまや
購入者さまとは良い関係を築いて行きたいと
心から願っております。

 

ご意見・ご感想がありましたらいつでもメール
してくださいね。

お待ちしています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月28日 | コメント/トラックバック(6) |

カテゴリー:メルマガ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. こんばんは高山です

    >「あんたたちは邪教だ!聖書なんて作り話だ!」

    ひどいですね。聖書はつくり話なんてそれだったらモーゼが
    シナイ半島で十戒をしたことも嘘かということになりますが
    ありえないですね。

    こういう偏見に見る人は無視したほうがいいです。蘭さんは真実を
    伝えていけばいいと思います。

    応援します。

    • より:

      高山さん(^^)
      いつもありがとうございます。

      昔のことでしたが、そういうことを言う人っているんですよね。
      人は真実だけを信じているのではなく、自分が信じたいことを
      信じる傾向にあるので、仕方ないのかもしれませんね。

      >こういう偏見に見る人は無視したほうがいいです。蘭さんは真実を
      >伝えていけばいいと思います。

      もちろん、私はこれからも「真実」だけをお伝えしていきます。

      応援・励ましの言葉をいつもありがとうございます。
      頑張りますのでこれからもよろしくお願いいたします。

  2. 蘭さん、こんばんは!インフォ仙人です。

    いつもお世話になります。

    人って、自分が一度信じた事を曲げるのは大変で、
    それがどんなに根拠が無くても、
    信じたらそれがその人の中では真実になるので、
    信じるモノを選ぶのは自由だと思いますが、

    ひとたび他人の信じているものを否定・非難するとなると、
    そこには明確な根拠が必要だと僕も思います。

    僕は宗教に詳しくないですが、
    蘭さんの考え方や姿勢はすばらしいと思います。

    ポチポチ応援させていただきました!

    • より:

      インフォ仙人さん。(^^)
      いつもありがとうございます。

      >人って、自分が一度信じた事を曲げるのは大変で、
      それがどんなに根拠が無くても、
      信じたらそれがその人の中では真実になるので、
      信じるモノを選ぶのは自由だと思いますが、


      ひとたび他人の信じているものを否定・非難するとなると、
      そこには明確な根拠が必要だと僕も思います。

      おっしゃるとおりだと思います。
      何を信じるのも自由ですし、どう考えるのも自由ですが、
      根拠のない非難は避けたいですね^^

      自分もそうしないように心がけたいと思います。

      >蘭さんの考え方や姿勢はすばらしいと思います。

      ありがとうございます。
      自分自身もきちんと信念をもってこれからも頑張ろうと思います。

      応援ありがとうございました。

  3. HIRO より:

    蘭さん

    こんばんわ、HIROです。
    お世話なってます。

    蘭さんは大人ですね。

    子供な私は蘭さんから学ぶことが多々ありますね。
    勉強となります。


    応援させて頂きます。

    HIRO

    • より:

      HIROさん(^^)。
      いつもありがとうございます。

      >蘭さんは大人ですね。

      >子供な私は蘭さんから学ぶことが多々ありますね。
      >勉強となります。

      hiroさんよりは少し上ですが、まだまだ子供っぽい
      ところもあるんですよ^^;

      HIROさんのピュアなところがとてもいいな~と思っています。
      これからもよろしくお願いいたします。

      応援ありがとうございました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ